「ねこのまるけ」講演会開催

news06

子どもたちに「勇気」「思いやり」「命の大切さ」を考えてもらおうと、アニメ「ねこのまるけ」の上映と講演会を岐阜県内の学校で開きました。
「ねこのまるけ」は、(有)ジャパンクリーンサービス(岐阜県可児市)が社会貢献活動の実践部隊として設けているCSR事業部「チームクカバラ」が制作したショートムービー。自動車にひかれて傷ついた子猫を助けようとした主 公のおさむが、家族や友人に相談をしながら、友情の輪を広げ、病気や命について考えていくというものです。
学校ではアニメを見た後、プロジェクトY実行委員会の委員に名を連ねる、文字職人・杉浦誠司さんやシンガーソングライターの佐藤梓さんが講演。
杉浦さんは、いじめられた体験を語った上で、「見て見ぬふりをしないで友達へ声をかけてあげよう」と訴えました。
「ねこのまるけ」の主題歌を作曲した佐藤さんは、みんなで曲を合唱したり、思いやりの心を伝える歌を披露したりして、曲から伝わってくる感情を大事にしてほしいと話しました。
参加した子どもからは「これからは困っている子がいたら声をかけてあげたいです」「みんなで歌って気分良くなりました」などと感想を語っていました。


「ねこのまるけ講演会」実施校
恵那市立明智小学校、海津市立城山小学校、大垣市立墨俣小学校、関市立寺尾小学校、郡上市立川合小学校、郡上市立西和良小学校、郡上市立小川小学校